太陽光パネル完全自動クリーニング装置
Papper Sand(パッパーサンド)  (特許出願済)

アブダビやドバイなど中近東の砂漠地帯に次々と建設されている太陽光パネル。
しかし、砂漠の砂が風に舞ってパネルの上に降り積もり、それが蓄積されることによる発電効率の減少が問題となっております。
そこで、この度太陽光パネル上に降り積もった中東特有の砂を除去する装置「Papper Sand(パッパーサンド)」を開発いたしました。

(上図)パッパーサンド 試作機


Papper Sand(パッパーサンド)実写図解説

 

Papper Sand(パッパーサンド)動画

Papper Sand(パッパーサンド)試作機&デモ機動画(Dubai Solar Show 2018出展)


Papper Sand(パッパーサンド)試作機の構築風景から、試作機動作の確認までの10分超の動画となっております。
 

Dubai Solar Show 2018に出展した際のデモ機の動画です。本動画は、弊社委託工場内でも動作風景ですのでご了承ください。

 

スペック

【標準構成システム図】  ※太陽光モジュール64枚対応

  • 1ユニット (本体+ 左右ガイドレール) x 4 ユニット
  • コントローラー x 1 (オプションにて+3ユニット拡張可能)
  • バッテリー x 1 (オプションにて充電用モジュール付き)

                         「Papper Sand(パッパーサンド)標準構成イメージ図」


装置基本構成

標準対応仕様 太陽光モジュ-ル 横置き4列4段(8mまで)、もしくは縦置き8列2段(4mまで)
縦方向はガイドフレーム延長にて +2m, +4m対応可能です
① ガイドレ-ル 左右4.3mセット 下記詳細表を参照願います
② ブレ-ド上昇下降ユニット 1式
③ コントロ-ラ-

重量

① ガイドレ-ル 左右4.3mセット 片側=約7kg
※延長する場合は加算されます。
② ブレ-ド上昇下降ユニット 1式 8mサイズ=約20kg
③ コントロ-ラ- 5kg
アレイ架台へ固定します。

装置の施工について

項目 内容
スピード 左右のガイドレール固定、スライドユニット本体との接続、ドライブシャフトの簡単接続など、現地での施工は1ユニットを2名で半日程度で出来る想定です
後付けの可能性 太陽光モジュ-ルの横置き、縦置き、段数、列数など、多仕様に合わせて後付け可能です
可能な施工基準 標準として本体がカバー出来るのは 8mクラス(パネル4列)までが1ユニット。ガイドレール長は4m,それを超える場合は+2m,+4m がオプション扱いです。(パネル段数によります)